リヴスタイルからお知らせリヴスタイルからお知らせ

「回 kai」の間取りをご紹介!! 「ZERO-CUBE KAI 回」プロジェクト、札幌で進行中! その8

リヴスタイルからお知らせ | 2016.03.25

こんにちは!

 

先日のお休みに洞爺湖に行ってきました。私個人ですが「好きな湖10選」のひとつです。

洞爺湖の中島には昔、居住者がいたそうです。どうやって生活していたのか気なるところです。

touyako

 

さて、今回は「回 kai」の間取りをご紹介したいと思います。

日々の暮らしをイメージする上で、間取りは大切ですよね!

NOZAWAも間取りを見て、家具の配置やここに何を置こうかなど、よく妄想します。

 

ぜひ、この間取りをみて皆さんもイマジネーションを膨らませて下さい!

 

まずは1階です。

1階

真ん中に「ウッドデッキ」があります。

ガーデニングやバーベキュー、お月見なども素敵です。

ちなみに、ウッドデッキの窓をあけると、わんちゃんと楽しく追いかけっこしながら走れるようになります。

想像するだけで、賑やかな家族風景になりますね。

 

 

次は2階の間取りです。

2階

 

部屋が3部屋あります。特に一番大きい寝室には大きなウォークインクローゼットがあるので収納には困らないと思います。

ところで・・・フリースペースをどんな風に使うのかが気になります。

お友達を呼んでみんなで遊んだり、趣味のものを飾ったり・・。

NOZAWAはセンスがイマイチなので(笑)、ぜひ他の活用方法を教えて欲しいです。

 

では、最後に(株)ドリホスタッフ竹田による癒される写真です。

富良野の「青い池」の源泉だそうです。

自然の雄大さがわかる写真です。滝の音が今にも聞こえくる感じがします。

taki

 

「回 kai」はクロス工事の最中です。今まで工事現場ばかりの写真でしたが、次回はガラッと雰囲気が変わると思いますので、来週もお楽しみに!

 

ZERO-CUBE KAI回の建築プランはこちら

 

http://doriho.com/plan/

「回 kai」の外観を初披露&住設機器を紹介!! 「ZERO-CUBE KAI 回」プロジェクト、札幌で進行中! その7

2016年KAI回モデルハウス | 2016.03.18

こんにちは!

 

3月16日(水)、17日(木)は札幌市の気温が10度以上になり、ふきのとうが顔を出してきました。

hukinotou

これから山菜が美味しい季節になってきます。NOZAWAは「たらの芽」が大好きで、ご飯が何杯も進みます。食べ過ぎないように注意したいと思うNOZAWAです。

 

今週の「回 kai」の現場写真です。

3月16日(水)の写真です。

足場が外れて、外観がお目見えしました。

P1020940

とても特徴的な外観! ダークな色合いに白い窓枠が札幌の街に映えそうです。

そして、この中に光庭が!!

長い冬から新緑&花が咲く最高の季節になって行きます。正に光庭が生き生きとして行きます。

4月の完成オープンが楽しみですね。

 

北海道ではまだ3棟しか建ってないので、(株)ドリホで4棟目です。

ちなみにその3棟は札幌市のみだそうです。

 

現段階では内装は前回とほぼ変わってないですが、今後はクロスを貼ったり、鉄骨階段が設置されたりしていきます。これからの「回 kai」をお楽しみに!

 

さて、今回はまだ段ボールで覆われている住設機器をご紹介したいと思います。

 

商品名は「システムキッチン エーエス」です。

キッチン

シンクやコンロの下に収納があります。たくさん収納できるので、キッチングッズが増えても安心です。最近は100円均一のグッズを使って、キッチン周りをおしゃれに収納している方々も増えているので、自分好みにカスタマイズができますね。

 

ちなみに私も、いま気になっていることは「収納」と「掃除」です。手軽にできる収納術があれば教えて下さい!

 

次はトイレです。商品名は「ベーシアPita」といいます。

トイレ2

 

トイレのタンクを隠しています。収納もあるのでトイレットペーパーやお掃除道具もすっきり入りますね。

トイレは「悪い気が溜まりやすい場所」と言われているので、掃除のしやすいトイレで毎日キレイにしていきたいものです。

 

最後は洗面台です。

商品名は「洗面化粧台 ピアラ」です。間口は900mmあります。

洗面台

排水溝の奥まで楽に掃除が可能となっております。

毎日使用する洗面台は、やっぱり清潔が一番です。

次は皆が大好き「お風呂」です。

お風呂

1日の疲れをココで癒せます。ゆっくり半身浴したり、お子さんとお風呂で遊んだり出来るユニットバスです。

 

CG写真だけでは、どんな住設機器なのかわからないと思うので、モデルハウスとしてオープンした時にはぜひご来場して実際に見て下さい!

ピカピカの新しい住設機器で毎日を過ごす・・・。やっぱりお家は「居心地のいい」のが一番です。

 

 

では、来週もお楽しみに!

ZERO-CUBE KAI回の建築プランはこちら

 

http://doriho.com/plan/

シューズボックスとキッチンが登場!!「ZERO-CUBE KAI 回」プロジェクト、札幌で進行中! その6

2016年KAI回モデルハウス | 2016.03.11

こんにちは!

3月8日(火)のテレビで桜の開花予想を放送していました。

札幌は4/29の開花予想となっています。函館や小樽の手宮公園など、毎年桜の名所を見に行っているので、今年はどこの桜を見に行こうかなぁと考えているNOZAWAです。

さて、久しぶりに「回 kai」の現場写真です。

 

3月8日(火)の写真です。

シューズボックスの登場です。実はNOZAWAのお家にはシューズボックスがないので、うらやましい限りです。

「オシャレは足元から」ですので、シューズボックスは女性には嬉しい限りです。

P1020910

 

暗くてわかりにくいですが、中はこんな感じです。

この他「シューズクローク」(現在設置中)も付きますので、これで沢山靴が入りますね。

工事中なので写真では少し散らかっていますが、完成時にはきれいになっていますよ!

P1020921

 

次はキッチンです。これも傷がつかないように段ボールに覆われているので外観がわかりませんが、コンロの辺りを撮影してきました。

 

P1020926

 

カッコイイですね!お料理するのが楽しくなりそうです。

P1020928

おや?またもや段ボールで隠れています。どんな感じなのか見たくて

P1020929

そーっとめくってみました(笑)

P1020931

お鍋やフライパンなどキッチングッズが沢山収納できますね。

今後、段ボールがなくなってキッチンの全貌が見えるのが楽しみです。

キッチンの近くで大工さんが心を込めて作業していました。写真をお願いしたところ、恥ずかしそうに承諾していただいたのですがベストショットが撮影できず

(NOZAWAの写真の撮り方がいまひとつで)大工さんの写真撮影は次週、再チャレンジしてきます!

 

来週は足場も外れて「回 kai」の外観をお見せできると思います。

では、来週もお楽しみに!

 

ZERO-CUBE KAI回の建築プランはこちら

 

http://doriho.com/plan/

番外編 (株)ドリホスタッフ紹介 その2(竹田、野澤編)「ZERO-CUBE KAI 回」プロジェクト、札幌で進行中! その5

2016年KAI回モデルハウス | 2016.03.04

こんにちは!

 

3月1日は北海道全域ですごい天気で大変でしたね。皆さん、大丈夫でしたか?

(株)ドリホでも足場が崩れてないか? 飛散物がないか? などすぐにスタッフで全部の現場状況を確認致しました。

無事だったと聞いてホッと一安心したNOZAWAです。

 

さて、今回は現場のご報告をひと休みして、先週に引き続きドリホスタッフ紹介(竹田、野澤編)をご紹介いたします。

 

そして、工程管理の竹田「kai 回にかける想い」もご紹介いたします!

takeda_ph1

竹田 由布子

資格:全商簿記1級

(注)(株)ドリホHPより

工事の工程管理を担当しています。的確に素早く工事を進めていますので、阿部、吉田共々とても頼りにしている存在です。

責任感が強く、しっかりしていて頼もしく(株)ドリホのお姉さん的存在です。(本当はNOZAWAの方が年上ですが、いつも引っ張ってもらっています(笑))。普段は直接お客様とお話しする機会はあまりありませんが、工事を円滑に進めることで大切なお家をがっちり守っております!

 

 

~「Kai 回」にかける想い~

 

NOZAWA(以下N):「kai 回」の魅力はどんな所でしょうか?

TAKEDA(以下T):

家の真ん中が空洞になっているって想像できますか!? 吹抜けで天井が見えるのとは違い吹抜けの上は空なのです。上空から見るか、家にお邪魔しない限り、空洞には気付きません。見ないとわからないからこそ魅力を感じます。そして室内にいても、身近に外の風や光、音を感じられる場です。住んで一番に自慢できる場所です。

NEW_MG_0110 ※イメージ図

N:なるほど~住んでみて初めて「Kai 回」の良さを実感できるのですね!

では、次に工程管理で気を付けていることは?

 

T:毎月の工程表を作成し、協力業者様へ送付するのですが、工程表通りに行かないのが現場であり大半はほぼズレます。なので、電話確認は必須です。協力業者さんとのコミュニケーションも取れますし工事内容も勉強出来ます。その上で信頼関係を築くようにしています。

 

N:ずれているスケジュールを業者さんとの信頼関係でカバーをして予定通りに進めていくことは凄いです。では「Kai 回」への思いとは?

 

 

T:今回のモデルハウス建築が決まった時に、「Kai 回」は窓が多くなるので主婦の方々の掃除が大変にならないかとか、空洞なので寒くないかちょっぴり不安でしたが、吹抜け部分の窓には高断熱のトリプルサッシを使用することにより、快適に過ごせるようになっています。

家の特徴に合わせ、デメリットがメリットになるように配慮した家です。

完成がとても楽しみです☆

 

N:竹田さん、ありがとうございました。業者さんたちと毎日やり取りしながら、ステップアップしているのは素敵です!私も見習いたいと思います。

 

 

nozawa_ph1

 

野澤 幸永

資格:日商簿記3級、MOS2010マスター、サーティファイWEBクリエイター上級、

ICTプロフィシエンシー検定協会主催P検2級

(注)(株)ドリホHPより

 

 

主に総務・経理を担当しております。ブログの担当者でもあります。

最近はブログを更新するのも慣れてきて、『読者の皆さまに楽しく読んでもらいたい!』という想いから、遊び心が出てしまう気持ちをすこーし抑えながら書いております。

これからもブログを通して皆様に「回 KAI」ならびに(株)ドリホをご紹介できるよう頑張ります!

 

 

次回は再び現場の様子をお届けしたいと思います。どんな様子になっているのか気になります。

 

では、来週もお楽しみに!

 

ZERO-CUBE KAI回の建築プランはこちら

http://doriho.com/plan/

ページトップへ