WORKS施工事例

札幌中央区の人気エリア・ご実家に隣接した旗竿敷地に
念願のマイホームCollaBoX(コラボックス) 札幌市中央区・T様

「おじいちゃんとおばあちゃんの家の裏に、マイホームを建てよう!」とハウスメーカーを探し始めたT様のご家族は、ご夫婦と7歳の息子さん、5歳の娘さんの4人暮らし。それまでもご主人のご実家の近所で賃貸住宅にお住まいでしたが、ご実家で所有しつつも長らく空き地となっていた裏手の土地にマイホームを建てることを決断されました。

高品質をお求めやすい価格で!
リヴスタイルの『コラボックス』との出会い

予定地は札幌で人気の円山エリア。周辺には有名レストランやカフェも多い地域です。ただ、周囲はマンションや3階建て住宅も多く、道路から10m以上の狭く長い通路を入った奥に土地がある「旗竿地」に建築するということで、土地を見るなり困惑気味の企業が多く、ハウスメーカー探しではとても大変な思いをされたそうです。

そんな中、ウェブ検索でリヴスタイルを見つけてくださいました。もともとオープンハウスを見学に行ったことのある三五工務店が気になっていたそうで、グループ会社である当社にご連絡をくださり、高性能で高品質の家がお求めやすい価格で実現できる!ということでお選びいただけました。当社は建築のプロがそろった会社ですから、とても狭い通路の旗竿形状でしたが、建築になんの問題もありませんでした。

特殊な土地にも柔軟に対応する
『コラボックス』のプランニング

シンプルなフォルムでありながらも機能的でモダンな「コラボックス」規格型プランを、特殊な旗竿地に対応するようご提案。あえて玄関から一番離れたところにリビングを設けることで、奥行きのある広々とした印象になり、かつ最も明るい位置にリビングを設けることができました。建物中央に配置した階段にも窓を設けてあるので、フロアの中心部からも明るい陽射しが差し込みます。

どんな暮らしにもフィットする
「リビングにつながる一室」が標準仕様

コラボックス標準仕様である「リビングにつながる1部屋」は、子供さんのおもちゃなどをとっさに目隠しできるので「見えるところに物を置かないことを徹底したい!」という奥様のご要望にぴったり。LDKとつなげて広々と使用すれば、キッチンで家事をしている最中にもお子様の様子を見守ることができます。2方向の引き戸を閉めて個室とすることができますので、突然の来客時にもとっさに目隠しすることができます。「とても重宝していて、もうなくてはならないスペースになりました」と奥様。

その他のあらゆる箇所にも用途に合わせた収納スペースを豊富に設置しました。自由設計が出来る2階には、お子さまたちの個室とご夫婦の寝室のほかに、一角をフリースペースとして開放。ドライルームとしてたくさんの洗濯物を干せるようにもなっており、大物の洗濯物があるときも生活のじゃまになりません。

感動がつまった「お気に入り空間」

旗竿地への家づくりに最初はとても苦労されたご様子ですが、「道路から奥まって隠れ家風の立地は趣もありますし、プライバシーも保たれていました。一時はどうなるのかな?と思った特殊な土地での家づくりですが、今はてもお気に入りの空間になりました」とご夫婦。

「玄関横を入ってすぐリビング、その奥にはキッチン…多くのハウスメーカーさんが提案してくれたプランではなく、奥にリビングをという吉田さんの提案を見たときには驚きました。最低限「家を建てることができれば」という思いをはるかに超えたわが家のプランには感動が詰まっていて大満足です!」とうれしいお言葉をいただくことができました。

建築プランに戻る

ページトップへ