WORKS施工事例

10年でローンを完済できる家がほしい
ZERO-CUBEプロヴァンス風ZERO-CUBEカスタム/札幌市西区・M様

ご主人は50歳、定年までにローンを完済したい
works-zerocube3_img1
「前の家はとても寒くて・・・老朽化も進んでいたので、そろそろ建て替えが必要だと感じました」
西区にお住まいのM様は、住み慣れた土地に、どこのビルダーで建て替えするか検討されていた頃、弊社のプロヴァンス風モデルハウス「ブランアンジュ」に目を止めていただき、ご縁が生まれました。
ご主人の年齢は50歳、定年を迎えるまでにローンを完済したいというご要望を受け、「ZERO-CUBE」を提案させていただきました。

「家探しを始めたころは他メーカーも見て回りましたが、『予算はこれでお願いします!』とお伝えしているにもかかわらず、必ずオーバーした金額を提示してくる住宅メーカーさんが多く、うんざりしていました。我が家を担当してくれた吉田さんは、必ず予算内にまとめてくださいましたし、『これは難しい』というときは、その理由と代案を提示してくださいました」。
奥さまが契約前の打ちあわせのお話しを覚えていてくださり、少しなつかしくなりました。

ZERO-CUBEをプロヴァンス風にカスタマイズ
works-zerocube3_img2
ご主人がプロヴァンス風を希望され、格子の入った窓やアールの開口部、ニッチを各所へ施すなど、ゼロ・キューブをカスタマイズしました。
アンティークやご主人自らエイジング塗装を施したテーブルなどが置かれた室内は、優しいご主人のお人柄が伝わってくるよう。

works-zerocube3_img3
照明器具などはM様が好みのものをネット環境で厳選。使い込んだようなビンテージ感あるペンダントライトが陰影をつくりだし、室内空間が表情豊かになりました。施主様のセンスの良さには作り手としても多くを勉強させていただきました。お客様が自ら素材を調達することで、全体のコストを抑えることにも繋がりました。

収納だってカスタマイズ。片付く“ワザ”を取り入れる
works-zerocube3_img4
「うちはみんな片付けが苦手なので、収納はたくさんつけてもらいました」と奥様。
1階リビングの奥、ちょうどテレビ台の裏側に2畳分の収納スペースを造り、お子様の着替えや、家族の肌着を収めておられます。2階の個室に収納するより、生活動線がいいようです。
玄関を入ると向かって左手にご家族用の収納。ここはお子様が帰ってきたら、自分で靴や遊具などを収納することができるので、散らかる心配がありません。
また、2階の階段を登り切った廊下には、家族4等分に仕切られた収納スペースを取り付け、思い思いのディスプレイがされていました。

住まいながら豊かな暮らしをつくっていく
works-zerocube3_img5
「ウッドデッキを造って庭でバーベキューを楽しみたい。」ご主人はすっかりDIYにはまったご様子。男子3人を見守る奥さまの視線がすてきでした。

奥様のお誕生日に引き渡しの日を迎えたM様は、旦那様が奥様へ、日頃の感謝のお言葉と花束をプレゼントする姿が見られました。弊社のスタッフも駆けつけ、M邸は歓喜の声と拍手が響きわたり、心温まるお引き渡しとなりました。

ページトップへ