リヴスタイルからお知らせリヴスタイルからお知らせ

アクセントカラーのお話し【その3】

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2018.10.22

多色インテリア、モノクロインテリアと続きましたが

今日は柄物クロスの取り入れ方の事例をご紹介いたします。

 

アクセントクロスの使い方で多いのが、4面ある壁面のどこか1面だけを

変えるというもの。

柄物クロスの場合、模様の大きさによっては壁一面は大きすぎて しつこく見えたり、

閉塞感を感じるようになってしまったりするので、私も柄物のクロスを採用する時は

どのように見えるか十分注意して、お客様にアドバイスしています。

 

小花柄は模様が細かいので、壁一面に張ると うるさくなりますので

同系のプレーンなクロスと組み合わせると馴染みが良くなり、模様も程よく際立ちます。

 

 

柄が大きめなクロスは壁一面に張っても大丈夫ですが、部屋全体にまとまりを出すために

天井に同系のカラークロスを張りました。

 

 

 

こちらの例は、クロスの張り分け部分の壁の厚みに工夫を凝らしました。

こうすることで立体感が生まれ、プレーンなクロスも柄物クロスもどちらも

効果的に見えます。

平坦な面で、↑ このようにアーチ形に張り替えるのは至難の業になりますので、

張り分け部分を「どのように見せるか」早めの段階で検討する必要があります。

 

 

こちらは柄物クロス+2色使いの例です。

柄物を挟んで、それぞれ違う色のクロスを採用していますがトーングループは揃えています。

リビングダイニングで柄物クロスを使う例は少ないですが、こちらのように

奥まった面があると周囲と馴染みが良く、使いやすいと思います。

是非 参考にされてみて下さい。

ページトップへ