リヴスタイルからお知らせリヴスタイルからお知らせ

11月16日・17日 フリー見学会開催!

リヴスタイルからお知らせ | 2019.11.06

今年6月より約半年の間 公開しておりました新企画住宅 スマートコラボックス

モデルハウスですが、お引渡しが迫り見学会のお知らせも今回がラストとなりました。

 

日時:11月16日(土)・17日(日) 10:00~16:00

住所:札幌市北区新琴似5条15丁目3-15

 

まだご覧になられていない方、もう一度 ご覧になりたい方など

是非 ご家族皆さまでご来場下さい。スタッフ一同 心よりお待ちしております。

 

 

11月16・17日以外でモデルハウスを見学されたい方はこちら!

リヴスタイルからお知らせ | 2019.11.06

11月16日・17日にフリー見学会を行います【Smart Collabox-スマートコラボックス-】モデルハウスの

見学を見学会以外の日時でご希望の方は、ご予約制で受け付けております。

通常は土日予約制で賜りますが、平日ご希望の場合はお手数ですが直接お問い合わせ下さいませ。

 

下記URLにてご予約をお願い申し上げます。

住宅詳細につきましては予約ページに記載しております。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

↓↓↓クリック↓↓↓

https://reserva.be/kannseikenngakukai

 

 

土地選び「南入りか?北入りか?」 ③

staff-blog | おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.11.05

本日は「北入りの土地」のメリット・デメリットについて・・・

 

「北入りの土地」でお客様が一番 気にされるのが、南側に配置しがちなリビングや庭の

日当たりについてです。

前回 お話したように、「南入りの土地」であっても必ずしも日当たりが十分確保される訳ではないので

日当たりについては、正直 個人の程度差も深く関係しているかと思います。

ですので具体的に「南側に〇mの離れがあれば十分」と言うのは非常に難しいですが、

前回と同じ10m×15mの大きさの土地で配置の例を作ってみましたので、

参考にしてみて下さい。

 

 

奥行きが15m程度の土地になると、南側の離れが2mちょっとなので日当たりはかなり心配されます。

ですが吹抜から西日を確保することが期待できるのであれば、明るさとしては十分と感じる方もいそうです。

ウッドデッキや物置などの設置は難しいですが、子供のプール遊びや物干しは出来るのでプライバシーも

確保しやすいです。

 

では同じ「北入りの土地」でも、奥行を2m増やし17mになると どうでしょう?

 

南側は4m程度の離れが取れるので、日当たりも期待できますし庭としても十分な広さが確保できます。

場合によっては吹抜がなくても良いかもしれません。

また、ウッドデッキを作ったり家庭菜園をしてみたりと、夢は広がります。

北入りの土地は北側斜線の制限を受けにくいというメリットもありますので ご購入の土地が、

第一種低層住居専用地域の場合は、「南入り」より恩恵を受けやすくなります。

 

【土地選び「南入りか?北入りか?」のまとめ】

「南入りの土地」はこんな方にお勧め

・リビングの日当たり確保が最優先

・リビングや庭のプライバシーは、あまり気にしない

 

「北入りの土地」はこんな方にお勧め

・日中はほとんど家にいないので、日当たりはそこそこで良い

・リビングや庭のプライバシーを出来るだけ確保したい

・購入予定の土地が第一種低層住居専用地域である場合、制限を受けにくい場合がある

 

「南入り」「北入り」いずれにしても、メリット・デメリットがあるので

何を優先順位にするのか、ご購入前に家族で十分話し合われてみてください。

どなたかの参考になれば、幸いです・・・・

 

土地選び「南入りか?北入りか?」 ②

staff-blog | おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.10.11

これまで多くのお客様の土地探しのお手伝いをしてきましたが、

「南入り」と「北入り」については、「南入り」指向の強いお客様が圧倒的に多く

土地の価格も「南入り」の方が高く設定されているので、人気が高いことが伺えます。

 

お客様は「南入り」の土地の何が良くて、そちらを選ぶのか?と聞くと

「庭やリビングの日当たりが邪魔されない」と言う理由が大多数でした。

果たして「南入り」は本当に「日当たりが邪魔されない」のでしょうか?

ではメリット・デメリットをご紹介いたしますので、是非 ご参考にされてみてください。

 

プランは弊社で一番人気の「コラボックス」の標準プランを事例として、土地の大きさは

札幌市内の住宅街で標準的に見受けられる間口10m×奥行15mと仮定します。

 

 

「南入り」プランを実際に配置してみると、↓ こんな感じです。

 

「南入り」=「日当たりが邪魔されない」と思っていたのに、結果 カーポートの

日陰になったり車のお尻を見て暮らすことになるケースが多々あります。

しかも庭と呼べるスペースの確保も難しく、洗濯物干し・バーベキュー・子供の水遊びなどは

駐車スペースの一角で行う感じになります。

当然、人目にさらされ易いのでプライバシーの確保は難しくなります。

こうなると「南入り」のメリットはなくなってしまいます。

 

 

では同じ「南入り」の土地でも、間口が12mに増えると どうでしょうか?

 

庭と呼べるスペースも確保され、リビングの窓を遮るものもなくなります。

庭スペースを囲うように目隠し用の塀や植栽を植えれば、リビングのプライバシーも

確保されやすくなり、まさに「南入り」=「日当たりが邪魔されない」の理想形になるかと思います。

 

最初の事例の間口10mの土地であっても、奥行きが18mくらいあればリビング窓から

カーポートまで離れが取れるので、日当たりの事はそこそことして庭スペースは確保可能かと思います。

ただ「南入り」=「日当たりが良い」を最優先として考えるのであれば、駐車スペースがリビングと

被らないような間口の広い土地をお勧め致します。

 

ちなみに北側斜線制限区域になると、条件がもっと厳しくなる恐れがありますので土地ご購入前に必ず、

ハウスメーカーさんに十分ご相談された上 ご決断された方が良いかと思います。

 

次回に続く・・・

 

土鍋ごはん

staff-blog | くらしのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.09.24

9月10日にオープン致しました「あめつち by 35stock」。

「あめつち」は弊社のグループ会社 35designが運営する

雑炊カフェ 35stockの2号店になります。

「あめつち」は、おにぎりがメインのカフェとなっておりますが、スープや

おばんざいなども楽しめ、選りすぐりの道産食材にこだわったお店です。

 

先日、その「あめつち」にて社員による試食会があり私は2種類のおにぎりを

頂いてまいりました。

お米の甘味、ノリの風味、塩加減が絶妙で「日本人で良かったなぁ~」としみじみ感じました。

 

以前から自宅で炊くお米がイマイチだと思っていたのですが、「あめつち」のおにぎりを

食べてからはより一層 普段のお米の味や香りが気になるようになってしまい・・・

そこで色々調べてみると「土鍋」が良いとの話があり、早速 購入。

 

 

 

するといつもと同じお米なのに香りと甘みが全く別物に!

娘に献立のリクエストを聞くも、「白いご飯」との返答が返って来るくらいです(笑)

キノコが大好きな娘のために、今度はキノコの炊き込みご飯でも挑戦してみようかと

思っております。

 

 

土地選び「南入りか?北入りか?」 ①

staff-blog | おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.09.05

今年の夏は暑い日が長く続き、娘とともにこんがり良い具合に日に焼けました。

土曜の朝にビニールプールに水を張り日曜の夕方に水を抜くというのが、我が家の週末のルーチンとなり

正午近くともなると温泉のようになった水に、娘と一緒に浸ってわずかな涼を得ておりました。

そんな話を友人にすると、「子供と一緒にプール入ってるの?人に見られて恥ずかしくない?」と

言われました。

友人宅は「南入りの土地」なので、道路側に庭が取り付く配置になっており、庭は人目にさらされます。

我が家は「北入りの土地」なので、庭は道路には接しておらず奥にあるので、人目は気になりません。

 

という事で、今回のブログテーマは「南入りの土地」VS「北入りの土地」についてです。

これから土地を購入される方や、土地選びされている方の参考になればと思います!

 

 

洗面化粧台いろいろ ④

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.09.04

造作洗面台(天板がタイル仕様)のお手入れについてですが、

やはり既製品の洗面化粧台に比べると格段に気を使います。

 

一番の弱点は水栓周りのコーキングやタイル目地となる訳ですが、

洗面台の使用後、水気をすぐに拭き取って乾燥させた状態を保つようにはしていても

それでも経年の変色は否めません。

 

既製品だとしても、デザインの仕方によっては個性的でデザイン性の高い

空間は創りだせます。なので「手入れが楽で、おしゃれで、安価」という良いトコどりの

洗面空間を、試行錯誤するのも楽しいのでは?と思います。

 

 

パナソニックのシーラインと言う既製洗面台を使用し、壁にタイルと

造作鏡を取り付けた事例です。

天板にタイルを使用した場合と比べると、手入れは幾らか気が抜ける壁のタイルですが

それでも目地の変色が気になる方は、クロスでアクセントを付けるのが良いかと思います。

 

 

 

こちらは両方とも同じ水栓+シンクを使用して、ライニング部分にタイルを施した事例になります。

シンクと水栓は同じ商品ですがタイル・照明・鏡を変えることによって全く違った雰囲気が出せます。

 

 

 

こちらは天板を木(「もく」と読みます。)にした、造作洗面台です。

タイルのような目地汚れはないのですが、天板の塗装の上塗りは小まめにしないと

水が浸み込んでいきます。

 

既製品にしても造作にしても一長一短があるので、お客様の優先順位を整理しつつ

数ある組み合わせの中から、より良い提案が出来ればと、日々 試行錯誤中でもございます。

 

Lightning 2019年9月号 Vol.305に掲載

リヴスタイルからお知らせ | 2019.07.30

雑誌掲載のご案内です。

こだわりのある暮らしを追及するライフスタイルマガジン「Lightning Vol.305」に

リヴスタイルの施工事例を掲載しております。

是非 ご覧ください!

 

 

新規格住宅「Smart CollaBox」オープン予告④

リヴスタイルからお知らせ | 2019.06.20

いよいよ見学会が来週に迫り、本日 美装中の現場を視察して参りました!

細々とした工事はまだ残っておりますが、見学会に向けてラストスパート。

職人さん・社員一丸となって頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

今週末には遂にACME Furniture(アクメファニチャー)の家具も搬入されますので、乞うご期待!

皆様のご来場をスタッフ一同 心よりお待ちしております!!

 

新規格住宅「Smart CollaBox」オープン予告③

リヴスタイルからお知らせ | 2019.06.10

前回のブログのバナーでも、少し告知をしておりましたが、

新規格住宅「Smart CollaBox」の見学会が決定いたしました!

 

 

ご予約の必要がないフリー見学会になりますので、ご都合の良い日時にて

ご来場ください。

 

今回はグループ会社の35design協力のもと、「ACME Furniture」の家具で

インテリアコーディネートしております。

そちらも是非 お楽しみに!

 

新規格住宅「Smart CollaBox」オープン予告②

リヴスタイルからお知らせ | 2019.05.30

「Smart CollaBox」のネーミングは、間取りが長方形であることから

「Smart=細い」と言う意味合いと、「Smart=無駄のない・洗練された」と言う

意味合いを意識した、様々な思いから名づけられました。

 

間口の狭い土地にも対応するようにと考え始めた長方形型の間取りですが、

正方形が崩れるとともに、無駄な動線や空間がつきものになります。

「無駄=面積の増床=建築費のアップ」となるため、「無駄のないプラン」は

規格住宅である以上 最重要課題となりました。

 

また内装材で使用する材料は当初から、針葉樹合板や貫板(ぬきいた)を想定しており

2つとも「荒々しい」印象が強い材料です。

 

↑ グループ会社「35design」が運営するカフェで使われている貫材

 

↑ 同じくカフェの内装材で使われている針葉樹合板

 

これらの材料を使っても「荒々しさ」だけではなく、いかに「洗練された」

インテリアにするかも今回の規格住宅の肝でした。

 

そんな試行錯誤の末に、やっと完成したのが「Smart CollaBox」。

完成見学会は6月29日・30日に決定いたしましたので、詳細は後日

お知らせいたします。どうぞ お楽しみに!

 

新規格住宅「Smart CollaBox」オープン予告①

リヴスタイルからお知らせ | 2019.05.14

狭い間口の土地に建設がしやすい縦長フォルムの

新規格住宅「Smart CollaBox」モデルハウスの完成まで

残すところ1カ月となりました!

 

オープン前にも関わらず「完成したら是非 見学したい!」とのお声も多数頂き

お客様からの期待も熱く、仕上げ工事に向けて社員の士気も更に高まっているところです!

 

本日は「Smart CollaBox」の公開に先立ち、プランコンセプトや内容を

ご紹介していこうと思います。

 

まずプランコンセプトですが、これまで弊社の規格住宅は4間(7,280㎜)×4間(7,280㎜)の

外形を基本としておりました。

ですが札幌市内の土地は、間口の狭い長方形と言う形状が多くあり、従来型の

4間×4間のプランでは対応しきれないお客様もいらっしゃいました。

そこで様々なお客様のご要望にお応え出来るようにと、今回 考えたのが

家の間口を3.5間(6,370㎜)の長方形にプランにした「Smart CollaBox」です。

 

 

【玄関充実プラン】

広い玄関土間と収納が充実しているプランです。玄関ポーチも広く作っているので

狭小地で外物置が小さな物しか置けない場合でも、タイヤや除雪道具の置き場所などに

困らないようなプランになっています。

 

南入りタイプ

 

北入りタイプ

 

 

【4LDKプラン】

ご要望の多い「1階に1部屋ある4LDK」に対応したプランです。

1階に1部屋を設けつつ玄関土間もゆとりがあり、独立したコート掛け収納もある

機能的なプランになっています。

 

南入りタイプ

 

北入りタイプ

 

 

次回は内装について、ご紹介いたしますので お楽しみに!

 

 

CollaBox 新シリーズ始動!

リヴスタイルからお知らせ | 2019.04.16

弊社オリジナルの人気 規格住宅「CollaBox」に新たなシリーズが加わります。

 

従来のCollaBoxは4間(7,280㎜)×4間(7,280㎜)の真四角が基本でしたが、

新シリーズは間口がタイトな土地にも対応可能なスリムな長方形の間取りとなっております。

 

鉄骨の晒し階段や板張りのカフェ風のキッチンなど インテリアにもこだわりました。

また、お客様のご要望により一層お応え出来るよう、標準プランを4パターンご用意しております。

 

「プランもインテリアも規格住宅とは思えない!」

 

そんな新規格住宅 【Smart  CollaBox  -スマート コラボックス- 】を ご期待ください!

図面などをご希望の方も、お気軽にお問い合わせください。

洗面化粧台いろいろ ③

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.03.19

造作洗面台は、既製品よりも各パーツの選択肢が多くなるため

お客様の個性やこだわりをより濃く表しやすくなり、それが造作の

最大の魅力でもあります。

 

本日は、お客様こだわり満載の造作洗面台をご紹介!

 

こちらのお客様は、既製建具の色合いと調和するよう木部はクリア塗装仕上げにし、

タイルも白一色ではなくアイボリーも混ぜることで、清潔感がありつつも柔らかい

雰囲気を出しました。

2人が並んで身支度できるようにと、カウンターと鏡もワイドサイズに。

 

 

  

こちらのお客様は、お手持ちのタイル(写真右側 扉に取付)を、どこかに使用して欲しいと依頼されました。

また、ご夫婦ともに海がお好きとの事だったので、「南国の海」をイメージしてタイルの色をご提案させて

頂きました。よく見ると少し歪みのあるメキシカンタイルなので、独特な表情が個性的です。

また、木部もホワイトで塗装しタイルのビビットな色合いが際立つようにしています。

 

 

最後は我が家の洗面台です。

造作手間(=コスト)を減らすため、鏡と照明はネットショップから気にった物を購入しました。

トイレの建具と隣り合わになる場所なので、タイルとアクセントクロスは建具色に馴染むかを

吟味しました。

しかし一番こだわりは鏡でもタイルでもなく、実は水栓金具。

色々悩んだ結果 TOTOのこちらの商品を採用したのですが、シャワーヘッドに止水/吐水できる

スイッチが付いているため洗髪時や子供の手洗い補助の際など、とても便利です。

商品自体はちょっとお高めなのですが、長い目で見れば節水になるので元は取れたと思って満足していますよ。

 

 

☆自社土地情報☆

リヴスタイルからお知らせ | 2019.03.12

【新琴似5条15丁目】

 

 

三五工務店及びリヴスタイルの建築条件付きの土地になります。

土地情報に関するお問い合わせは、(株)リヴスタイル 阿部までお気軽にご連絡下さい。

雛人形

こそだてのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.21

娘の雛人形は私のお下がり。

厳密にいうと「私と妹たち」なのですが、妹たちには息子しかいないので

唯一女の子がいる 我が家に引き継がれました。

 

本当は7段飾りなのですが、狭い我が家のために両親がひな壇を3段に

改良してくれたものを飾っています。

今年は「飾るの手伝うー!」と張り切っていた娘。

が、結局 引き出しの取っ手をもぎ取ったり、ひな壇に座ろうとしてみたりと

即戦力にならず・・・(むしろ足手まとい)

来年こそはちゃんとお手伝いしてもらえるかしら?と、思いながら

二人で和気あいあい飾りました。

 

 

ちなみに3段目に飾っているお内裏様は、両親が娘のために

生後3か月の初節句から毎年 1組ずつ買ってくれているもの。

北区麻生にある「ぶら里」と言うギャラリー+カフェでハンドメイドの雛人形が

展示販売されているのを両親が見つけ、連れて行ってくれたのが始まりでした。

 

今年で4回目のひな祭りを迎える娘。

去年までは私の好みで選んでいたお内裏様ですが、そろそろ自分の意思で

選べるのでは?と思い、私も両親も連れていくのを楽しみにしています。

 

洗面化粧台いろいろ ②

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.12

造作洗面台の最大のデメリットは、「既製品に近づけると既製品より高額になる」という点です。

なので、「金額面」に焦点を当てると どこまでラフに作るかがカギになります。

 

【事例 A】 

 

【事例 B】 

 

【事例 C】 

 

 

引出し一つ、扉一枚が万単位での差になりますので、基本的に下台や収納棚はオープン仕様が

お勧めです。

なので見せる収納が苦手な方には、やはり既製品をお勧めするのが正直なところとなります。

 

天板はタイルを張ると当然 金額が上がりますが、集成材+塗装仕上げということも可能です。

但し、木部は塗装の上塗りを小まめに行わなければなりませんので、よく水が付きそうな場所を

お客様自身に想定して頂いて、必要最小限度の範囲だけタイルを張る場合もあります。【事例 A・B】

 

もしメンテナンスに自信がなければ【事例 C】のように天板全体をタイル張りにすることをお勧めします。

タイル張りも日々のお手入れには気を使いますが、木の天板に比べると多少 気を抜いても大丈夫です。

 

あとは鏡もポイントになりますが、デザインにこだわりが無ければサイズがオーダーできる

1枚鏡がお勧めです。

照明器具は事例にように下台と同じく造作にすることで、空間に一体感を出すことも出来ますし

市販のおしゃれな照明を付けると、更に個性的な空間になります。

 

また、選ばれるタイルの色や塗装の色、建具・床の色とのバランスによって、同じようなデザインでも

オリジナリティが出るのが造作洗面台の魅力でもあります。

 

 

 

洗面化粧台いろいろ ①

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.08

5~6年くらい前からでしょうか・・・

洗面室と洗濯脱衣室を分けて欲しいというご要望を、多く耳にするようになりました。

お客様のご要望の内容や洗面化粧台での様々な用途や使用頻度を考えると、洗面台を

脱衣室から分離して作った方がメリットが多いと、私自身も思えるようになってきました。

 

そんな訳で我が家はトイレの手洗いも洗面化粧台と兼ねて

↓ このように隣り合わせにして配置しました。

 

 

そのような時代の流れの中で、洗面化粧台がオープンなスペースに取り付くことが多くなったり、

子供の友人など家族以外の人も利用することがあり、「人目に触れても良いように おしゃれな物にしたい」

「細部までこだわりを持った物にしたい」と言うご要望から、洗面台を造作にするお客様も増えてきました。

ただ、造作洗面台となると費用と手入れの面で悩みが増えることも事実。

 

そんな訳で、今回のブログテーマは「洗面化粧台」シリーズをお送りしていこうかと思います。

造作洗面の施工事例を交え、メリットやデメリットをご紹介していこうと思いますので、

どなたかの参考になれば幸いです。