リヴスタイルからお知らせリヴスタイルからお知らせ

洗面化粧台へのこだわり【その2】

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.12

造作洗面台の最大のデメリットは、「既製品に近づけると既製品より高額になる」という点です。

なので、「金額面」に焦点を当てると どこまでラフに作るかがカギになります。

 

【事例 A】 

 

【事例 B】 

 

【事例 C】 

 

 

引出し一つ、扉一枚が万単位での差になりますので、基本的に下台や収納棚はオープン仕様が

お勧めです。

なので見せる収納が苦手な方には、やはり既製品をお勧めするのが正直なところとなります。

 

天板はタイルを張ると当然 金額が上がりますが、集成材+塗装仕上げということも可能です。

但し、木部は塗装の上塗りを小まめに行わなければなりませんので、よく水が付きそうな場所を

お客様自身に想定して頂いて、必要最小限度の範囲だけタイルを張る場合もあります。【事例 A・B】

 

もしメンテナンスに自信がなければ【事例 C】のように天板全体をタイル張りにすることをお勧めします。

タイル張りも日々のお手入れには気を使いますが、木の天板に比べると多少 気を抜いても大丈夫です。

 

あとは鏡もポイントになりますが、デザインにこだわりが無ければサイズがオーダーできる

1枚鏡がお勧めです。

照明器具は事例にように下台と同じく造作にすることで、空間に一体感を出すことも出来ますし

市販のおしゃれな照明を付けると、更に個性的な空間になります。

 

また、選ばれるタイルの色や塗装の色、建具・床の色とのバランスによって、同じようなデザインでも

オリジナリティが出るのが造作洗面台の魅力でもあります。

 

 

 

洗面化粧台へのこだわり【その1】

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.08

5~6年くらい前からでしょうか・・・

洗面室と洗濯脱衣室を分けて欲しいというご要望を、多く耳にするようになりました。

お客様のご要望の内容や洗面化粧台での様々な用途や使用頻度を考えると、洗面台を

脱衣室から分離して作った方がメリットが多いと、私自身も思えるようになってきました。

 

そんな訳で我が家はトイレの手洗いも洗面化粧台と兼ねて

↓ このように隣り合わせにして配置しました。

 

 

そのような時代の流れの中で、洗面化粧台がオープンなスペースに取り付くことが多くなったり、

子供の友人など家族以外の人も利用することがあり、「人目に触れても良いように おしゃれな物にしたい」

「細部までこだわりを持った物にしたい」と言うご要望から、洗面台を造作にするお客様も増えてきました。

ただ、造作洗面台となると費用と手入れの面で悩みが増えることも事実。

 

そんな訳で、今回のブログテーマは「洗面化粧台」シリーズをお送りしていこうかと思います。

造作洗面の施工事例を交え、メリットやデメリットをご紹介していこうと思いますので、

どなたかの参考になれば幸いです。

 

 

モデルハウス公開終了のご案内

CollaBox+Do | リヴスタイルからお知らせ | 2019.02.07

CollaBox+Do モデルハウスは2月17日をもちまして公開終了とさせて頂きます。

予約制でのご案内とさせて頂いておりますが、予約表にない日時にて見学をご希望の方は、

直接 電話かメールにてご連絡下さいますよう よろしくお願い致します。

 

見学のご予約はこちら → https://reserva.be/kannseikenngakukai

 

問い合わせ先 TEL 011-707-5500 / Mail  livstyle@kk35.jp

 

ページトップへ