スタッフブログスタッフブログ

土地選び「南入りか?北入りか?」 ③

staff-blog | おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.11.05

本日は「北入りの土地」のメリット・デメリットについて・・・   「北入りの土地」でお客様が一番 気にされるのが、南側に配置しがちなリビングや庭の 日当たりについてです。 前回 お話したように、「南入りの土地」であっても必ずしも日当たりが十分確保される訳ではないので 日当たりについては、正直 個人の程度差も深く関係しているかと思います。 ですので具体的に

土地選び「南入りか?北入りか?」 ②

staff-blog | おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.10.11

これまで多くのお客様の土地探しのお手伝いをしてきましたが、 「南入り」と「北入り」については、「南入り」指向の強いお客様が圧倒的に多く 土地の価格も「南入り」の方が高く設定されているので、人気が高いことが伺えます。   お客様は「南入り」の土地の何が良くて、そちらを選ぶのか?と聞くと 「庭やリビングの日当たりが邪魔されない」と言う理由が大多数でした。

土地選び「南入りか?北入りか?」 ①

staff-blog | おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.09.05

今年の夏は暑い日が長く続き、娘とともにこんがり良い具合に日に焼けました。 土曜の朝にビニールプールに水を張り日曜の夕方に水を抜くというのが、我が家の週末のルーチンとなり 正午近くともなると温泉のようになった水に、娘と一緒に浸ってわずかな涼を得ておりました。 そんな話を友人にすると、「子供と一緒にプール入ってるの?人に見られて恥ずかしくない?」と 言われました。 友人宅

洗面化粧台いろいろ ④

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.09.04

造作洗面台(天板がタイル仕様)のお手入れについてですが、 やはり既製品の洗面化粧台に比べると格段に気を使います。   一番の弱点は水栓周りのコーキングやタイル目地となる訳ですが、 洗面台の使用後、水気をすぐに拭き取って乾燥させた状態を保つようにはしていても それでも経年の変色は否めません。   既製品だとしても、デザインの仕方によっては

洗面化粧台いろいろ ③

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.03.19

造作洗面台は、既製品よりも各パーツの選択肢が多くなるため お客様の個性やこだわりをより濃く表しやすくなり、それが造作の 最大の魅力でもあります。   本日は、お客様こだわり満載の造作洗面台をご紹介!   こちらのお客様は、既製建具の色合いと調和するよう木部はクリア塗装仕上げにし、 タイルも白一色ではなくアイボリーも混ぜることで、

洗面化粧台いろいろ ②

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.12

造作洗面台の最大のデメリットは、「既製品に近づけると既製品より高額になる」という点です。 なので、「金額面」に焦点を当てると どこまでラフに作るかがカギになります。   【事例 A】    【事例 B】    【事例 C】      引出し一つ、扉一枚が万単位での差になりますので、基本的に

洗面化粧台いろいろ ①

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2019.02.08

5~6年くらい前からでしょうか・・・ 洗面室と洗濯脱衣室を分けて欲しいというご要望を、多く耳にするようになりました。 お客様のご要望の内容や洗面化粧台での様々な用途や使用頻度を考えると、洗面台を 脱衣室から分離して作った方がメリットが多いと、私自身も思えるようになってきました。   そんな訳で我が家はトイレの手洗いも洗面化粧台と兼ねて ↓ このように隣

年別アーカイブ