WORKS施工事例

今も未来も、暮らしにフィットする家づくりLIVPLUS SMART/札幌市手稲区・Aさま

建てた先の暮らしが見える住空間をLIVPLUS SMARTで

 

「とにかくあったかい家に住みたかったんです。当時住んでいた賃貸アパートがものすごく寒くて(笑)」とマイホームを建てようと思ったきっかけを語るAさまご夫妻。お二人とも戸建てのご実家で生まれ育ったこともあり、マンションの購入という選択肢はありませんでした。そこで住宅展示場などで複数の会社のモデルハウスを見学したものの、「この家に住んで、こういう暮らしをする、という未来が想像できなかったんですよね。『その予算ではいい家は建てられない』と言われたこともあり、どんどん家づくりが嫌になってしまって…」と奥さま。

そんな中、ネットで見つけたのがリヴスタイルでした。「小さな子どもがいるので、ゼロから打ち合わせをしてすべてを決めていく注文住宅はおっくうだと思っていたので、断熱性がしっかりしている規格住宅を展開しているリヴスタイルさんに興味が湧き、さっそく話を聞きに行ったんです。するとスペックの話よりも、暮らし方の話をたくさんしてくれて、すごく腑に落ちたんですよね」とご主人。奥さまは「そこからです、家づくりが楽しいと思うようになったのは」と振り返ります。

 

モデルハウスで体感した、わが家の理想的なかたち

その後、リヴスタイルが展開する「LIVPLUS(リヴプラス)」シリーズのひとつ、「LIVPLUS SMART」のモデルハウスを見学。「造作の洗面化粧台の素材づかいや、ネイビーカラーのドアなど、細かい部分にすごく魅力を感じました」という奥さまに続けて、「リビングの中に階段があり、そこが吹き抜けになっているのもよかったですし、全体的にカチッとしすぎていないカジュアルな雰囲気も気に入りました」とご主人。それまで数多く見てきたモデルハウスでは得られなかったフィット感があったようで「自分たちの理想に近い家って、こんな感じかもしれないと直感しましたね」。

さまざまなシーンに対応できる予備室を1階に

「LIVPLUS SMART」は、1階の玄関土間をたっぷり広げるか、そのスペースをLDK横の予備室とするか、どちらかを選べる仕様となっています。「私たちはあまり土間を活用できそうになかったので、子どものおもちゃを置いて広々と遊べる部屋にしました。キッチンから目が届く位置なので安心感があります。子どもが大きくなれば、客間としても使えますから」。

2枚の引き戸を開けば、LDKと一体的な空間になるのもポイント。「親戚や友人がワイワイと集まりやすい家にしたかったので、まさに求めているような広々とした1階になりました。」

 

現在と未来の暮らしを考えながら楽しくプランニング

予備室のほかにプランを検討した部分を聞くと「吹き抜けをあえて少し狭くしてもらって、2階の通路部分を広げてもらいました。子どもが大きくなって部活などを始めたら、洗濯物も増えるでしょうから、ここに干すことができるかなと思ったんですよね」。

そのご要望に対して、リヴスタイルの設計担当者は、広げた部分に畳を敷いて、吹き抜け側の腰壁にはチョークボードになるクロスを貼るというアイデアを提案。「すごい!ばっちり!という感じでした。物干しスペースにするのはまだ先の話ですから、今は子どもが畳に座って絵本を読んだり、チョークでお絵かきをしたり、楽しんでくれればいいなと。こうやって現在と未来を考えながらやりとりするのがすごく楽しかったですね」。

 

シンプルな空間の随所に、こだわりの素材づかい

インテリアは、やさしい色合いのブラックチェリーを用いたフローリングに、真っ白な壁というシンプルな基本構成に。そのなかでこだわりの素材が随所にちりばめられています。「いちばんの自慢ポイントはキッチン腰壁のヘリンボーン張りですね。これは担当の方が提案してくれました。それとキッチン背面は本物のタイル壁にしたくて、私たちと担当の方で分厚いカタログを見ながら、艶のある白いタイルを選びました」。

また、ほかのスペースとはガラッと趣を変えたトイレの壁クロスも印象的。1階は鳥と花の大人っぽい柄、2階はハリネズミのかわいらしい柄で、「1階は私、2階は子どもが選びました」と奥さま。ちなみに、2階にトイレを設けたのも仕様変更のひとつ。「本来は収納スペースなんですが、どうしてもトイレが2つ欲しくて」というご主人のご要望が実現しました。

 

家具こそが、空間のポテンシャルを開花させる

家具は、リビングのテレビ台やソファ、ダイニングのテーブル、チェア、ベンチなど、どれも新築に合わせて購入したもの。「子どもが小さいので、新しい家具を買っても汚したり傷つけたりしちゃうよね、とも思ったのですが、せっかくの素敵な空間ですから」。家具や雑貨などを取り扱うリヴスタイルのグループ会社「35design」がトータルでご提案いたしました。「リヴスタイルと35design、それぞれの担当の方が連携して、この空間に合うとても素敵な提案をしてくれたんですよね」と語るご主人はソファが大のお気に入り。「仕事から帰ってきたら、ダイニングでご飯を食べて、ソファへ移動して、心地よくテレビを観ながら寝落ちするのが定番です(笑)」。

ところで、最大の目的だった暖かさはいかがですか? 「すごいです。床暖が入ってないのに、床まで暖かくて。それでも光熱費はアパート時代と変わりません。前は寒くてときどき実家に避難していたんですけど、今はこの家にいるのがいちばんですね(笑)」。暖かくて快適なお住まいで、ご家族の温もりあふれる新しい暮らしが始まっています。

PLAN一覧

MORE

モデルハウス来場予約