リヴスタイルからお知らせリヴスタイルからお知らせ

「CollaBox+Do」モデルハウス ご成約済となりました

リヴスタイルからお知らせ | 2018.10.23

予てよりオーナー様を募集しておりました「CollaBox+Do」の

モデルハウスですが、この度 ご成約が決まりました。

多数のお問い合わせを賜り誠にありがとうございました。

 

尚、オーナー様のご厚意によりモデルハウスは来春まで公開させて

頂くこととなっておりますので、まだご覧になられていない方は

是非 一度ご来場ください。

見学の際は必ず事前に予約フォームよりご連絡をお願い致します。

予約フォーム → https://reserva.be/kannseikenngakukai

アクセントカラーのお話し【その3】

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2018.10.22

多色インテリア、モノクロインテリアと続きましたが

今日は柄物クロスの取り入れ方の事例をご紹介いたします。

 

アクセントクロスの使い方で多いのが、4面ある壁面のどこか1面だけを

変えるというもの。

柄物クロスの場合、模様の大きさによっては壁一面は大きすぎて しつこく見えたり、

閉塞感を感じるようになってしまったりするので、私も柄物のクロスを採用する時は

どのように見えるか十分注意して、お客様にアドバイスしています。

 

小花柄は模様が細かいので、壁一面に張ると うるさくなりますので

同系のプレーンなクロスと組み合わせると馴染みが良くなり、模様も程よく際立ちます。

 

 

柄が大きめなクロスは壁一面に張っても大丈夫ですが、部屋全体にまとまりを出すために

天井に同系のカラークロスを張りました。

 

 

 

こちらの例は、クロスの張り分け部分の壁の厚みに工夫を凝らしました。

こうすることで立体感が生まれ、プレーンなクロスも柄物クロスもどちらも

効果的に見えます。

平坦な面で、↑ このようにアーチ形に張り替えるのは至難の業になりますので、

張り分け部分を「どのように見せるか」早めの段階で検討する必要があります。

 

 

こちらは柄物クロス+2色使いの例です。

柄物を挟んで、それぞれ違う色のクロスを採用していますがトーングループは揃えています。

リビングダイニングで柄物クロスを使う例は少ないですが、こちらのように

奥まった面があると周囲と馴染みが良く、使いやすいと思います。

是非 参考にされてみて下さい。

七五三

こそだてのこと | スタッフブログ-水戸 | 2018.10.10

今日は日常のお話しを少し・・・

 

先日 娘の七五三が終わりました。

産まれた時から髪がフサフサしており、1歳頃には肩に付くほど伸びていたので

「このまま伸ばして、七五三には日本髪を結おう」と私が勝手に決めておりました。

結果 腰に届くほど長くなり地毛で日本髪を結うことが出来ました。

ただ、満2歳9か月での七五三。イヤイヤ期 真っ盛りでもあり大変でした。

知らない人に髪の毛を触られ、ピンやらワックスやらでゴテゴテにされ

「髪 ヤダー!!」と、一度は大号泣。

その後も「コレ(着物) 暑い」「コレ(草履) ヤダ。脱ぎたい。」と暴れ、

車内では結局、裸になる始末。

 

「あどけない顔つき+日本髪」が、可愛いと思ってこの時期に七五三を

したのですが、こんなに四苦八苦するなら来年にすれば良かったと

少し後悔も残る七五三となりました。

 

北海道では今時期が七五三のピークとなりますが、皆さまの七五三が

悔いの残らないものになりますように・・・

 

アクセントカラーのお話し【その2】

おしごとのこと | スタッフブログ-水戸 | 2018.10.02

前回のブログでは、多色使いする時のコツについて書きましたが、

今日はモノクロ事例をご紹介いたします。

 

モノクロインテリアで一番多いのが、ホワイト+ブラックかと思います。

徹底した美意識でアートな雰囲気を感じさせる組み合わせですよね。

残念ながら私は、今までこの組み合わせのお家は手掛けたことがありません・・・

いつかそういうお客様に巡り会ってみたいですね。

 

「ホワイト+ブラック」はないものの、私が今まで手掛けたモノクロ事例がコチラ。

ダークブラウン+ホワイトのモノクロインテリア。

木調ホワイトのフロアや表しの柱があるので、モダンな中に柔らかさも感じます。

 

 

こちらはライトブラウン+ホワイトのセピア調のモノクロインテリア。

全体に柔らかさを感じさせますが、オレンジやダークブラウンを差し色に加えたことで、

空間に温かみも感じます。

 

モノクロは「ホワイト+ブラック」という意味ではなく、「ベースカラー+1色」という

意味なので、知らず知らずにモノクロインテリアされている方は多いのでは?

クッションカバーやラグに差し色を加えるだけでも、雰囲気が変わりますので

気分転換したい時など、お勧めです!

 

ページトップへ