リヴスタイルからお知らせリヴスタイルからお知らせ

新規格住宅「Smart CollaBox」オープン予告②

リヴスタイルからお知らせ | 2019.05.30

「Smart CollaBox」のネーミングは、間取りが長方形であることから

「Smart=細い」と言う意味合いと、「Smart=無駄のない・洗練された」と言う

意味合いを意識した、様々な思いから名づけられました。

 

間口の狭い土地にも対応するようにと考え始めた長方形型の間取りですが、

正方形が崩れるとともに、無駄な動線や空間がつきものになります。

「無駄=面積の増床=建築費のアップ」となるため、「無駄のないプラン」は

規格住宅である以上 最重要課題となりました。

 

また内装材で使用する材料は当初から、針葉樹合板や貫板(ぬきいた)を想定しており

2つとも「荒々しい」印象が強い材料です。

 

↑ グループ会社「35design」が運営するカフェで使われている貫材

 

↑ 同じくカフェの内装材で使われている針葉樹合板

 

これらの材料を使っても「荒々しさ」だけではなく、いかに「洗練された」

インテリアにするかも今回の規格住宅の肝でした。

 

そんな試行錯誤の末に、やっと完成したのが「Smart CollaBox」。

完成見学会は6月29日・30日に決定いたしましたので、詳細は後日

お知らせいたします。どうぞ お楽しみに!

 

ページトップへ